So-net無料ブログ作成

エビラーへ贈る 上海、生簀(いけす)のエビ 今海明珠大酒店(浦东店) [China]

上海のレストランで、活魚の店を訪問。

china_shanghai9.jpg
活気にあふれる上海の街 自転車多いね

日本でよく見かける生簀とは違って、水槽や水がとても綺麗だ。
新鮮で清潔な印象を受ける。

china_shanghai7.jpg
好きな魚を選ぶ

china_shanghai8.jpg
好きな貝を選ぶ

china_shanghai5.jpg
好きなエビちゃんを選ぶ

生簀のイセエビちゃんも楽しみだぞ。
と、言うことで・・・

china_shanghai6.jpg

伊勢エビが並ぶと、なかなか豪華だね。

ちなみに今海明珠大酒店(浦东店)は、この辺りだと思う。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

上海のコラーゲンたっぷりな一品とは? [China]

中国で面白いのは、食器がパックされて出てくること。

china_shanghai1.jpg

消毒されている証なそうな。

上海の知人のお薦めは、コラーゲンたっぷり健康食とのこと。

china_shanghai2.jpg

さて、この黒いものはナンだろう?良く見て欲しい。

china_shanghai4.jpg
さあ、ビニールの手袋をつけて、裏返して、足や、甲羅や、バラバラにしながら食べる。


答えは、「鼈」

「鼈」・・・スッポンと読みます。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

上海で試してみたいもの・・・時速400km/hの世界とは [China]

上海の知人によると、上海にきたら絶対に試して欲しいものがあるとのこと。

ナンだろうと思ったら電車だという。

china_shanghai_smt.jpg
SMT 上海浦東(ぷーとん)空港-上海市内

china_shanghai_smt2.jpg
431km/h

電車の中には、なんとスピードメーターがドアの近くにあるのだ。
乗り心地はスピードの割りには悪くない。あっという間に到着してしまうのが残念なところか。

china_shanghai3.jpg
Maglov Longyang Rd. Station

ちなみに、SMTとはShanghai Maglev Transportation

SMTのWEBサイトはこちら
タグ:Shanghai 列車
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

中国 天安門広場 ここも見ておこう! [China]

やっぱり、天安門広場も見ておこう。

ひろい。かなり歩かされる。

china_tenanmon1.jpg

china_tenanmon2.jpg

china_tenanmon3.jpg
夜はライトアップされる

china_tenanmon4.jpg

あの事件があったとは思えないような平和な天安門広場

ちなみにGoogle検索では、「事件」というキーワードや「政治の名前」をはじめかなりの言葉が検索できないとのこと。確かに検索は、日本での使用と違うなと感じる。
タグ:風景 Beijing
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

万里の長城 死ぬまでに一度は見ておきたい [China]

生きている間に、一度は万里の長城を見て欲しい。

「なんだ、ただの石の城壁じゃないか」と、私も思っていた。それがどうした?

そう、やはり見てみないとわからないこと。
経験しないとわからないことはあるのだ。
万里の長城は、わかりやすいその一例。

せっかく北京へ来たのならば、ホテルでバンをチャーターするだけだ。
それだけで別世界を覗けるかもしれない。

china_great_wall2.jpg

china_great_wall3.jpg


china_great_wall1.jpg

china_great_wall4.jpg

china_great_wall5.jpg

結構、難しいんだよね。自分を無にして新しいものを受け入れるのは。
これは日々の生活の中でも皆さん感じているはず。

そんなときに、旅に出ると素直に感じることができる。
現代の我々に必要なのは、何でもないそんな素直な感じる心ではないか。

万里の長城には本当に驚かされる。自らの「無知の知」を自覚するよい機会だ。

「大きさを知る」

旅の訪問地の中でも特にお薦めだ。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

北京と言えば・・・やっぱりこれだね。かわいいダックが目印だ [China]

さて北京といえば、やはりこれか?

china_peking_duck3.jpg
何??

とてもかわいい目印だが・・・


china_peking_duck2.jpg
全聚徳 Quanjude Roast Duck Restaurant


china_peking_duck.jpg
本格的だね もちろん、正解は北京ダック

china_peking_duck4.jpg
もちろんフィニッシュも、ワザモノのティー

中国もエンタメ性が高いね。驚きだ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

北京 地下鉄で出かける [China]

china_beijing1.jpg
地下鉄で出かける 吊革がユニークだ

china_beijing2.jpg
北京のショッピングモールは欧米のようだ

china_beijing3.jpg
味わいのある建物もあちらこちらに
タグ:風景 Beijing
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Streetscape 中国・北京 空飛ぶポットは、わかりやすいマーケット戦略 [China]

北京の街の中を歩いていると、「あれ?」というものを見かけた。

china_pot.jpg
空飛ぶポット

いったいどうなっているのだ?
と、言うことでお店の中に入って話をする。

china_pot2.jpg
愛嬌のある素敵なスタッフ

どうもお茶のショップのようだ。
中では、とても素敵なスタッフが待っていて、いろんなお茶やお菓子を試させてくれる。

「これはどんな味かな?」と聞くと、すぐに新品のパッケージを破って試させてくれる。
「え?」と驚くのは日本人なのだろうか?中国では、当たり前?

ところで、「空飛ぶポット」と「素敵なスタッフ」の戦略は以下のとおり。

A: Attention 注意を引く →空飛ぶポット
I: Interest 関心を引く   →素敵なスタッフによる試食・試飲攻撃。金属性の容器も高級そう。
D:Desire 欲求を・・・  →スタッフのせいか、お茶が美味しい?何だか欲しいぞ・・・
A:Action 行動だ    →お茶とお菓子を購入

空飛ぶポットは、見事なマーケット戦略(AIDAモデル、AIDMAモデル、AISASモデル)だった。
気が付いたら、スタッフの笑顔に負けて、しっかりとお茶とお菓子を買わされていた。
タグ:美女 Beijing
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

中国・北京 王府井 サソリ、食べるの?元気が出そうな食材!? [China]

中国、北京の王府井(ワンフーチン)へ出かける。
なんだか、すごい賑わいだ。


china_wangfujing.jpg
Wangfujing 王府井


さあ、何があるのかな?

china_wangfujing2.jpg

china_wangfujing3.jpg
ナンだろう?

china_scorpion.jpg
うーん、サソリのようだ!?

china_wangfujing4.jpg
さなぎもあるぞ

どのようにして食べるのか?


china_wangfujing5.jpg

食材には驚かされたが、中国の活気には驚かされる。
私たちも元気を出さないと、ボーとしているうちに置いていかれるぞ。
タグ:風景 Beijing
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

インドの旅18 北京空港でのトラブル 090924 旅の便利帳 [China]

デリーから北京経由で成田へ

さて楽しみにしていたAIR CHINAのビジネスクラスは以下のようなサービスであった。

椅子は広くスペースもあるのだが、日本の特急列車の座席のような感じだ。残念ながら、フラットにならないためか、ゆっくる眠ることができなかった。朝食にヌードルを頼むと、焼きそばに蟹の天ぷらが乗ったものがでてきた。他はフルーツ、デザート、バター、パンだ。ビジネスにしては、さっぱりとした内容だ。

Delhi_to_Beijing_Breakfast.jpg

映画などのサービスはなく、いたってシンプルなものであった。その他は、スリッパ、アメニティなど。

飛行機は、予定通り12:00にに北京空港へ到着する。

北京空港でのトラブル、レシートに助けられる
北京空港ではトラブルがあった。デリー空港で購入したレトルトのカレーが持ち込めないというのだ。パッケージを破ってみてもよいかというので、仕方がないので破って中身を見せても これは通せないという。

押し問答で騒いでいると別のインスペクターがやってくる。これはDuty Free で購入したもので、明細が袋の中にあるからよく見てくれと説明する。押し問答の末、ようやく了解してもらう。レシートにはあまり注意を払ったことはなかったが、思わぬときに役に立つものだ。いずれにしてもDuty Free で購入したものでも、途中で止められることがあるということは知っておいたほうがよいかもしれない。

Transferに時間を取られたため、ラウンジに寄る時間があまりなくなってしまった。とりあえず北京空港のラウンジをチェック。正直なところ、機内食よりもこちらの料理ほうがずっと美味しい。10分ぐらいしかないので急いで、青島ビールで料理を流し込むように頂き搭乗のためにゲートへ向かう。

北京から成田行きのゲートは52番デートで、ずいぶん離れたところにある。今回は重いかばんとお土産を持っていたので、ゲートまで辿り着いた時には、汗びっしょりになってしまった。あわただしい中、日本への飛行機に乗り込む。飛行機は757だ。

Beijing_design.jpg
北京空港で見かけたデザイン

ずっとベジタリアンの生活だったので、肉が食べれなくなっているのではと心配したが、全くそのような心配は無用であった。仙人にはなれそうにない。
Beijing_to_Japan_Lunch.jpg
エコノミーランチ 青島ビールとともに


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。